幹事長挨拶

YABUKI

2018(平成30)年4月吉日

2018(平成30)年度法友会執行部就任のご挨拶

本年4月1日より,2018(平成30)年度の法友会新執行部が発足いたしました。本年度の法友会は,「広げよう司法の輪,法友会の輪」を標語にし,「会員相互の連携」と「開かれた法友会」を基本方針として一年間活動をしていきたいと考えております。
日本弁護士連合会及び東京弁護士会の会長選挙の結果、法友会の菊地裕太郎日弁連会長・安井規雄東弁会長が誕生し,それぞれの政策実現に向けて発進しています。現在の弁護士を取り巻く内外の情勢は急激に変りつつあり,憲法改正,死刑廃止,FATF対応を初めとする政策上の諸課題に早急に取り組む必要があります。また法曹を目指す次世代を育成するための法曹養成制度への対応及び貸与制世代への支援を含む若手弁護士への支援も急務です。そうした諸課題に法友会として地道に取り組み,法友会内の意見だけではなく,外部の声にも耳を傾け,日弁連・東弁とも協力して弁護士会をリードする政策集団として,その政策を実現する努力をしてまいります。
また,約2700人以上の会員を擁する法友会で,個々の会員が,法友会に所属する意味があることを実感できるように,互助の精神を忌憚なく発揮して,業務にかかわる研修や業務拡大の機会を増やし,また,会員相互による親睦を深めるために各種の文化活動を充実いたします。
さらに,法友会が長年取り組んできた震災復興支援活動や新たに開始したダイバーシティの取組みも強化し,これからの司法界の姿を私たちから発信していきたいと考えています。
法友会がさらに飛躍するために,皆様のご支援とご鞭撻を心からお願い申し上げます。

敬具

2018(平成30)年度法友会幹事長
矢吹 公敏